予防歯科について

皆さんは今まで「歯ブラシ」の重要性をよく耳にしてきたと思います。
ですが、実際に専門医に歯の磨き方を教えてもらった経験はあるでしょうか。
多くの方は「ない」と答えます。
治療の第一歩は虫歯や歯周病の原因をお口の中から取り除くため、絶対に必要な「予防」について学ぶことです。

「一生懸命歯ブラシをしているのに歯周病が良くならない」そんな悩みはありませんか?

予防は歯科においては、必ず行わなければならない事です。予防をしないまま悪くなった部分だけを治療してもいずれまた悪くなるのは明らかだからです。すべての患者さまに予防歯科の必要性を知ってもらい、そして積極的に行っていただく。これが世界標準の歯科の基本であり、サクラ歯科医院の大切にしていることです。

すでに歯が悪くなってからの治療では遅すぎます。
当院では定期的なチェックアップを非常に大切にしています。保険診療では技術的・法律的に困難な歯の治療やチェックアップを、顕微鏡やレーザーを駆使しながらしっかりと進めていきましょう。

歯を守る事で、患者様の素晴らしいQuality of Lifeをサポート

患者様の健康と快適な生活のために大切な「歯」を守ります。患者様の歯を通して、何よりも患者様自身を大切にしたいと考えています。 質の高い歯科医療であなたの健康と、その先にある「QOL(Quality of Life)」のために、サポートをさせていただきたいと考えています。

サクラ歯科医院では、他の患者さまと並行しての診察はいたしません。それは精密な治療を行う上でもまた衛生管理の面でもとても大切だと考えるからです。

サクラ歯科医院で目指す最高の治療では、「予防のためのコンセプト」が大変に重要です。 常に最新のグローバルスタンダードな完全予防型歯科医療を目指し、情報や技術習得を行っています。

歯の健康はのちのちの身体の健康に繋がる

自然の歯が長持ちするかどうかは、虫歯を完全に削り取ったというだけではなく、また修復物の材質によるものだけではありません。

もっと悪くなり歯の神経を取った場合、「根管治療」等の基本治療がしっかり行われて いるのはもちろんで、修復物(かぶせ物)の適合が良いことだけでもありません。そして、何よりも生来の自然の歯が一番なのです。ですから予防が一番大事なのです。歯が無くなればなくなるほど、会話だけでなく食事にも差し障りが出てきます。


①虫歯を完全に取り除くこと
②修復物の材料を良いものに変えること
③歯がもっと悪くなり歯の神経を取った場合「根管治療」等の基本治療がしっかり行われていること
④修復物(かぶせ物)の適合が良いこと

これらの条件を全てクリアする事は当たり前ですが、それよりも一番大事なのは、生来の自然の歯で食べる事が一番なのです。

私が以前高齢者の集まりでお話をしたとき、皆さんが言われていた事は、皆んなで集まって会話ができ、おいしく食事が出来る事が一番の楽しみといっていました。歯を失ってから初めて不便さを気づく事もありますし、歯が無くなり楽しみが無くなる事で平均寿命にも影響が出ます。

歯を長持ちさせるためのポイント

サクラ歯科医院では「予防歯科」そして「チェックアップ」に大変力を入れています。
当院の予防歯科は患者様の歯をまもるために最適なシステムです。

オーラルドック
歯が悪くなった原因を調べること
予防プログラム
あなたの歯が悪くなった原因を探し、意識を変え実際に行動してもらうこと
基本治療
治療のすべての工程を顕微鏡治療で精密に行うこと
咬合再構成
治療後の歯に負担の原因となる咬み合わせを安定させること
チェックアップ
患者様のご自宅での予防を定期的に確認していくこと
©  サクラ歯科医院 All Rights Reserved.
PAGE TOP